読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

.jumのart

俺が「あー。」と言うだけ

減少

artistic

ここ最近絶望の起床的な起床時間を繰り返している。
起きる意欲も気力も減少している。

今日も起きてからだらだらしていたら5限に遅刻するところだった。

その一方で5限のグループワークは快調で、人とも話せるし、班員からも先生からも微妙に良い評価を貰っている気がする。
(というか二年前に履修した教養科目のグループワークを二年越しに再履し、後輩と共に活動して評価が悪くなるわけがない)

また、夜中の活動も快調。
ずっとパソコンか机(ただし、実際には机に向かわず、布団の上で寝転がったり椅子に寄りかかったりしながらバインダーとホワイトボードに向かっているだけで、ここで言う机とは机上の空論上の机である)に向かって、それなりには活動をしているはずだ。
朝になると「眠くなる」を実感できているだけ「生きている」を実感しているが、実際には寝たくないし起きたくない。

毎朝(昼過ぎなのだが)起きるととてもひどい時間であって、憂鬱になるのだが、団地ともおを読んでやる気を出してシャワーを浴びて飯も食わずに5限に向かうことが最近(少なくともここ二日間)の常だ。

つれぇだ。


ここ数日は現象の数理の課題をずっとやっていた気がする他にも二つほど重大な課題があるのに俺は何をやっているんだろう。

力学系の理論めっちゃ面白いなあと感動している
なんか、折角ウケが良いし数学の記事も書きたいんだけど、困ったな

一方で機械学習に"ヤバ"を感じていて、現象数理のモチベが下がっている。
四年前から現象数理がやりたかったのにな。ここにきて研究室の志望を変えるのか。

なんか、適当に生きてるなあと感じる。
色んな意味で生活に余裕がありすぎるのだと思う。


生活を簡約化するしかない
生活を生活基本変形していったら綺麗になると思う


起きる

シャワー



大学



帰宅





寝る

起きる

自分の日々の生活を数学あるいは勉強あるいは学習などと呼ぶのが何だか申し訳ないというか、何だか、そうじゃない感じがする

この生活で困るのは「あ」と「飯」だろうな
もっと洗練していきたい。生活基本変形しよう

「あ」したいことは(広義の)数学と複雑系機械学習と哲学とデザインだろうたぶん
まずは数学と複雑系機械学習だ 哲学とデザインは趣味の域

「飯」
最近本当に餃子が有効に感じている。
別に痩せたいとは思わないけれど、(主に偏食によって)太りたくないという気持ちと食事をあまり食べたくない(できる限り簡約化しつつ健康を維持したい)という気持ちがある。
それが高い親和性でマッチしているのが餃子だ。

最近の食事は
栄養ゼリー、餃子、シリアル、牛乳、お菓子(主にチョコ)
それに加えてラーメンやインドカレーを比較的高い頻度で外食する
米本当に食ってないな。今度どっか行こう

絶妙なバランスで栄養を調整している(と信じ込む)ことによってなんとか生きながらえている。

高くて美味い餃子やコスパ神な餃子や、とにかく安い餃子、楽な餃子など色々食べている。
その結果、どうしても餃子を買い込むことになるので、単価を気にする。
その結果、地域のスーパーのチラシを見るのが日課になってしまった。

ちなみに今日からマルエツで味の素の「極選ギョーザ」がTポイント5倍+50pだった気がする。
あれはマジで美味かったなあ。期間限定なのが惜しい(ただし400円/9個)。

こうやって自分の「生」から「生」の要素を削ぎ落としている(「性」も言わずもがな(言わずもがななのに言った理由は言わずもがなギャグをsayしたくなっただけ(英語をかまそうとして"言わずもがな"をGoogle翻訳したら「おろか」と言われてしまった。(おろかだろーか…。))))
のだが、
削ぎ落としているはずが食器洗いを定期的に行ったり、朝まで起きているせいで洗濯やゴミ出しができたり、スーパーにも定期的に行ってる。
何故だろうか、すごい生きてるっぽい。


生きたくないという気持ちが自分に活力を生み出している。


でもまあ、簡約化生活をしていたら、生活の"rank"が減少していくのは自明だろうな