読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

.jumのart

俺が「あー。」と言うだけ

22

8/20と8/21は大学のオープンキャンパスバイトでした。

僕はずっと教室の前でパンフレットを裁いていました。

間違えた。裁かれるのは俺や。てへぺろ

捌いていました。

20日は友達とその後ぶらぶらして、21日は先生方や先輩方と飲みに行きました。

あ~、世界。




パンフレットを配りまくった、つまりJKに押し付けまくったのだけれど、
こういった仕事が向いていると思う一方で、何も得るものがないなんて考えていた(能力的な話)。

人生は有限だから効率的に生きたほうが良くて、そのためには金銭効率の良いバイトないし何らかの能力を得られるバイトが良いと思う。
一方で、
人生は有限だから何らかの能力を得たところでどうせ意味がそんなにないと思う。

「人付き合いは大切だよ~~」っていうのと同じレベルでしか「何らかの能力は大切だよ~~」といえない気がするのである。

人付き合いが大切なんてのは当たり前なんだけれど、それが直接役に立つのは中々難しいことで、
細々とした人との細々とした付き合い自体にはあんまり意味がない。
もっとでっかく太く交流して、血を通わせてさえいればいいのだ。
取引先とそんな頻繁に飲みに行くものじゃない。



こういうことだけ考えていて、何もしていない、生きるの苦手だ。

一生にゃんにゃん言っていられるのが幸せなんです

僕は道化になります

明日から僕はにゃんにゃん仮面です