読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

.jumのart

俺が「あー。」と言うだけ

責任転換

人に頼るのは勇気がいると思います。

リスクを管理する必要があると思います。
 
自分の責任を周りに分散することができますが、結局責任を問われるのは自分であり、本質的には何も変わらず、それってただの現実逃避にしかならないことがあるんですよね。
 
人に頼ることができる(=人に責任を押し付けられる)人っていうのは勇気があるだけじゃなくて、慣れや技術もあるのかなあと思います。
 
自分は忘れっぽいので、人に責任を押し付けると、押し付けたという管理をしない限りそのタスクを終了したものとしてしまいがちです。
そうすると「お前!あの仕事どうしたんだ!」と、責任を問われる、それも罰せられる確率が上がります。
 
僕は頼る技術のスキルレベルが低いので頼る気にならないしよく失敗します。
 
結局そうすると他の、個人作業スキルを磨いてしまいがちなんですよね。
 
コミュ障とかよく言いますけど、結局上げるべきは会話力とかよりそう言ったビジネス力のスキルの熟練度だと思います。
生きていくのに必要なのはどっちなんだろうか…。
どっちもないので生きるのに向いていない…。
 
テスト勉強します…。